急いでお金を借りる必要がある方へ

銀行、消費者金融、信販会社、国、などなど、お金を借りれる所は様々ですが、お金を借りれるなら、どこでの良いというわけではありません。いくら急いでいても悪徳消費者金融会社、ヤミ金などに手を出すのは得策ではありません。

当ウェブサイト「お金を借りるまとめ.net」では、急いで現金が必要な方に対応した「信頼度が高く」「急ぎに対応した」消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを厳選してご案内しております。審査スピード、融資スピードが最速です。最短でお金を借りたい方は必見です。

ここでご紹介している消費者金融などの金融会社は、窓口に行く必要がなく今すぐ、スマホ、パソコン、タブレットから、365日、24時間お申込み可能です。

安心してお金を借りることができます。是非ご利用ください。


お金を貸した時、お金を借りた時のエピソード

20代の頃同僚にお金を貸して痛い目に遭いました

昔から、金の切れ目が縁の切れ目と言われていますね。現在30代後半ですがしみじみと感じています。

今思い出しても本当に腹が立つのですが、今となればよい勉強になったと感じています。

それは20代の頃、昔の勤めていた同僚から突然電話がありました。内容は、お金を車の中に置いていて盗まれた、悩んでいた所あなたが夢の中に出てきて勇気を出して電話をした、ちょっと出てきてくれないかな?という事でした。

あの当時は、世間知らずで本当に心配ですぐ会いに行きました。 会いに行くと、お金を借りたいんだけど必ず毎月返すから、お願い。としつこく迫られました。消費者金融会社のカードローンでお金を借りることもできるのに・・・。と思いました。

当時独身で、私は看護師だったので貯金はありました。 でもかなりの金額を銀行から下ろして、その場でお金を貸してしまったのです。 相手を信じていたから。

しかし、3ヶ月経過してもお金の返済の連絡はありませんでした。 相手の電話番号も聞きそびれていた私は執念で電話番号を突き止め、すぐに電話で問い詰めました。

悪そびれる様子もなかったので、あなたの旦那さんに相談すると言うとすぐにお金を返してくれました。

相手は子供もいたし、田舎だったのでお金を借りておいてお金を返さない事実が広まると困まると思ったのでしょうね。 相手の電話番号も聞かず、ただ情けだけでお金を貸した私は本当に世間知らずでした。 私が年下だったのでなめられていたのでしょう。

数年前かぜの噂でその人にお金を貸して痛い目にあったと聞きました。やっぱり同じ手口でお金を借りるのです。今どうなっているのかわかりませんが二度と会いたくないですね。 この出来事から、人にお金を貸す事は絶対しないと決めました。 こういう人はお金を借りる必要があるなら消費者金融会社の窓口か自動契約機に行ってカードローンの審査をしてお金を借りるようにしてほしいです。

同級生に頼まれてお金を貸したことがあります

お金を貸した額は3万円ほどでした。それまで100円、200円ぐらいは子どもの頃に人に貸したことはあるもののそんなに大きな金額は貸したことがなかったので、正直不安でした。 もちろんお金を借りることも未経験です。

お金を貸した相手もそんなに真面目な人ではなかったので、「ほんとにお金を返してくれるかな」「お金を返してくれなかったらどうしよう」と何をしてても常に気になっていました。

困っていたら助けてあげないといけないかなという義務感で貸したのですが、正直貸さなければよかったと後悔しました。

けっきょく3万円は返してもらったのですが、その後、またお金を貸してくれといってきたので今度は断りました。

やはりお金を貸すときは、相手が貸してあげてもいいと思える人かどうか判断して決めるべきだと思いました。 今は消費者金融会社とか銀行とかのカードローンの審査も最短でやってくれ即日融資も可能なので、そのような金融会社でキャッシングしてお金を借りるようにしてほしいですよね。 そういう金融会社からお金を借りれば人間関係が壊れることはないと思います。無人契約機、自動契約機も全国にたくさんあるので便利な世の中だと思います。

娘から旅行に行くのでお金を借りれないか?申し出があった

娘から、「友達と韓国に行くのでお金を貸していただけないでしょうか?」と神妙な面持ちで申し出がありました。

今年1月の事です。今、5月。 返済してもらったのはわずか2万円。

娘に貸したお金は10万円。 しかもこれで3度目の借金です。

一度目は引っ越し費用を貸して下さいと10万円。

二度目は引っ越し費用を使ってしまったのでもう一度貸して下さいと10万円。 遠い東京での一人暮らしは大変でしょうと思って、つい甘くなって貸してしまいました。

返って来ないだろうな…との思いはありましたが・・・ そして今回三度目。 もう許さない。こいつはいくらお金を借りるんだ?

社会人でありながら、お給料以上の生活はもう止めよ! 経済観念の無さ、だらしなさは誰に似たのだ!

父親も私、母も厳しいくらいにキッチリした性格なのに、この体たらくはナンなのだ。 過去2度も貸した私が甘かったのか・・・。お金を借りると癖になるのか?

もう絶対に許しはしない。 必ずお金を返してもらう。

何が何でもお金を返済させるからそのつもりでいなさい。もうお金を借りることはゆるさない! 「娘よ、母は毎月厳しい取り立て屋になるからそのつもりでいなさい!」 そして、もう二度と親子と言えどもお金の貸し借りはしない!を鉄則にしようと誓っています。 でも消費者金融会社や銀行のローンでお金を借りるようなことはしてほしくないですね。 今はネットから簡単にカードローンの審査ができて即日融資できちゃいますから心配です。

友人何回も十数万単位でお金を貸した経験あります

親しかった友人に数回、十数万単位でお金を貸したことがあります。

専門学校に通う費用でした。

家族と住みながらなぜ家族に頼らないのかと腹立たしくも思いましたが、消費者金融や銀行などでローンを組んでお金を借りると利息分余計な出費がかさむことになるので少しでも負担を軽く出来たらと思い貸しました。

対等である友人関係でもお金の貸し借りが入るとどうしても立場の上下というものが出来てしまいます。貸す側は絶対にそうならないようにしようと思っていてもお金を借りる側が卑屈になってしまったりします。

お金を貸すことで友人の力になれるのなら本望だけど、そうしたことで結局それまでの友人関係が失われてしまうのなら、貸さないことで友人関係が失われるのとどちらがマシなのだろうかと思います。消費者金融会社や銀行のカードローンでお金を借りる方が良いこともありますよね。

「お金を貸すぐらいならあげろ」ともよく耳にしますが金額にもよるのではないでしょうか。

当人らにとって「多額」と感じる金額であれば「あげる」なんてあまりにおこがましい行為ですし、受ける側にとってもずっと恩義というよりむしろ引け目に感じてしまうのでしょう。

気持ちはなかなか伝わらないものなのだと痛感しました。

ちなみに、ずっと引きずらないためにも分割で全額返してもらいました。

もちろん利息なんていりません。もうお金を借りるなよ。

最短、即日でお金を借りれるのか?

急にお金がいる用事ができたが、誰もお金を貸してくれなくて困ったことがあるという経験をしたことがある方はいないでしょうか。 プロポーズをするための婚約指輪、壊れた家電の買い替え、大事なデートの食事代など理由はさまざまあるとは思います。

しかし、通帳に下ろすお金も入っていない、クレジットカードで支払うのも不安でできないなど様々な理由で困っている方はいないでしょうか。 そこで、このような危機から助けてくれるのがキャッシングでお金を借りることです。

キャッシングは使い道が決められていないローンのことを言います。つまり使い道が自由なのにお金を借りることができるということです。 しかし、お金を使えるのがすぐでなければキャッシングを利用する意味がないという方もいるでしょう。審査さえ通れば、カードの支払でお金が入ってくるシステムのものがあります。

当日お金が借りれるシステムは主に銀行ではなく、消費者金融会社のフリーローンが多いようです。なぜ即日融資が可能なのでしょうか。

1つの理由は、審査の結果がすぐに決まるからです。 自宅のパソコンや携帯電話からインターネットを利用することで、すぐに審査の結果が本人に届きます。

金融会社によっては、最短で30分以内で結果が届き、審査をクリアすれば即日フリーローンを利用することができるのです。

インターネットでカードローンの審査することで、24時間365日対応しており、忙しくて夜遅くにしか時間がない方でもお金を借りる為に利用することが可能です。
最近はコンビニのATMがあるため、取引している銀行があれば24時間いつでも手元にお金が入ってきます。急な買い物をしなくてはいけなくて困っている方は、消費者金融業者でお金を借りることを検討してみてください。逆に急ぎでない方は銀行のフリーローンでお金を借りる方が金利が安いのでお得です。

無人契約機とインターネットの申込みはどちらが便利?

以前はキャッシングというと、店頭に行き申し込みを行い、その結果キャッシングができるかどうかがわかるというものでした。店頭に赴き、申し込みをした後、審査が通らず、お金を借りたいと思っていてもお金を借りれないケースも多く、がっかりをしたという人もいたかと思います。

最近ではいろいろと便利になり、無人契約機で契約をすることができたり、PCやスマホなどからインターネットで申し込みをすることができたりします。 この両方ともに、直接的に人と顔を合わせずにお金を借りれるといった点から、便利だと思う人も多いと思いますが、よりどちらが便利か、考えたことがあるでしょうか?

両方とも便利ではあるのですが、基本的にはインターネットのほうがより便利といってもよいと思います。その理由としては、「審査」をあげることができるのです。

無人契約機というのは、その場に人がいないだけで、実際には店頭での契約とほぼ一緒の流れになってしまいます。結果的に申し込みに必要な書類を提出し、一定の記入事項を記入したりという手間はかわらないのです。

一方インターネットはかなりのことが自宅でできるということになります。スマホなどどこでも申し込むことがえきます。必要事項は直接パソコンやスマホに打ち込み、提出できるものはしてしまい、といった流れができます。 こういった流れができることで、インターネットから申し込んだ際に審査まですることができるのです。

またさらに、会社によってはほとんどすべてをインターネットで済ませることも可能になっているので、基本的にはインターネットで申し込みをして、お金を借りるのがスムーズであるといえるのではないでしょうか。

お金の節約は無理のない範囲で

お金はとても大切だと思っています。ですので、以前よりクーポンやポイントの活用、特売のこまめなチェックなど、様々な節約方法を試してきました。また、ネットでの商品の価格や性能比較等、情報収集も入念に行っていました。しかし、ある時、節約を意識しすぎて、わずかな額のために多くの時間や労力を費やしていることに気が付きました。一言で言ったら、「割に合わない節約」を「苦しく」行っていました。また、ポイントカードやクーポンの管理やチェックなども重荷になっているところでした。そこで、私はできる範囲で、完璧でない節約を行いました。そのおかげで、以前より時間を有効に使うことができ、心にもゆとりができ、節約が楽しくなってきました。

お金を貯めるための3つのポイント

お金は貯めようと思ってもなかなか貯まらないものです。意識的に貯めることをしていかなければ、あればある分だけ使ってしまうのがお金です。もちろん、お金は使うためにあるのだけど、先々のために貯める必要も出てきますよね。お金を貯める方法を3点にまとめてみましたので、参考になれば幸いです。
【1.銀行に貯金用の口座を作る】
給料が振り込まれる口座、日常的に使っている口座でお金を余らそうと思っても、それはよほど高い意志力がなければ無理です。貯金専用の口座を作って、給料が入り次第、一定額をその口座に入れていくようにしましょう。高い目標を設定してもすぐに破綻してしまうので、少ないかな、と思うぐらいの額で構いません。その口座のキャッシュカードは封筒に入れて保管し、滅多なことでは使えないようにしておきましょう。
【2.具体的な支出を出してみる】
毎月気がつけばお金がなくなっている場合、支出管理が徹底されていない可能性があります。まずは交通費や電話代、光熱費、食費など毎月必ず使うお金をリストアップして計算し、いくら余るのかを出してみましょう。その余ったお金が交際費や娯楽に使われているはずですから、毎月これだけは遊ぶというようなことを決めればお金を余らせることができるでしょう。ただし、あまり厳密に縛ってしまうと不自由を感じるので、あくまで目安として考えるのが良いでしょう。
【3.副業する】
お金を貯めるために、収入そのものを増やします。副業が禁止されている仕事も多いと思いますが、自宅でできるアフィリエイトなどはお小遣い程度の収入なら大丈夫です。最近はライティング作業やアンケート作業を募る形式のクラウドソーシングサイトも複数あるので、このようなサイトで、余った時間にお小遣いを稼いでみるのも良いかもしれません。ホームページを作れる人はamazonやグーグルアドセンスなどのアフィリエイトを駆使して副収入を狙ってみましょう。 この3点を相互補完的に意識すれば、徐々にですが確実にお金は貯まっていきます。貯金は一朝一夕ならず、地道にいきましょう。

ローンやキャッシングは貸す方の業者からすると

今日のローン社会においては、ローンカードで提携する銀行ATMやコンビニATMから現金が引き出せるわけですから、自分達の感覚からすると実に便利になったものです。

ところで、ローンやキャッシングはお金を貸す方の金融業者からすると、利用してもらいたいのはやまやまですが、一方では貸したお金が約束通り元金と利息が返済されるかは心配ごとに違いありません。

それが為に融資審査をして、この人は返してくれると信じてお金を貸したのです。

延滞が発生しようものなら、担当者(審査)は何ら無関係でいられるわけがありません。

担当者は延滞金の早期回収に向け、あらゆる努力をしなければなりません。

組織の中ですとつい自分のお金ではないので、単に事務的に事を処置しがちな面があります。自分自身が知人にお金を貸したと思えば、かなり実感が湧いてきます。もしかしてお金を返してもらえないかも知れないと心配する気持にもなったりします。

この気持ちが大切で組織 にあっても、適正な与信管理に努める必要があるわけです。

まずは姑に泣きつき私がパートへ行って借金を返済

もし、夫が、こっそり、消費者金融会社から300万円もの大金を借りていたら、夫を怒るよりなにより、即刻、その借金を返します。 増え続けるであろう、利息の支払いが怖いからです。

専業主婦の私自身がそのような大金を払うことはできないので、まずは、姑にお金を借りて、消費者金融にお金を返済し、借金をなしにします。 その場合、姑には、借金が残りますので、姑にお金を返すために、私がパートに出て、お金を稼いで、少しずつ返していこうと思います。 そして、夫には、もう、こっそり、消費者金融からお金を借りないことを約束させます。

もし、2度目があった場合は、離婚するよと、脅すことも忘れないようにしたいと思います。 普段、夫が一生懸命働いてくれるから、私も子供も生活できるので、夫には、これまで、通り私達を支えるために、働いてもらい、夫の過ちの借金は、私が稼いでなんとか返していこうと思います。 その際のパートは残り物がもらえるような惣菜やお弁当のお店が理想的だと思っています。 ますます、家計が助かりそうです。お金を借りるときは覚悟して借りてほしいです。

借金の原因が何かによって対応を変える

借金の原因が何かによって対応を変えるので、まず何で300万円の借金をしたのか聞きます。そしてそれは消費者金融のカードローンなのか?利息は高いのか?銀行の融資なのか?
①ギャンブルでお金を借りている
これは即離婚ものです。 パチンコやスロットを一切やってはいけないというつもりはありませんが、借金をしてまで遊ぶのは度が過ぎています。 私自身祖母がギャンブルで借金を作ったために親が迷惑をかけられているので、そういう類の借金は嫌いです。

②仕事でお金を借りた
仕事の穴埋めに使ったというなら、離婚はしませんが真実を会社に打ち明けてどう対処すべきか相談するように言います。 今の時代仕事上のミスを個人の資産でカバーさせることはないと思いますので、旦那が勝手に穴埋め等をしたなら事実をはっきりさせた上で解雇や減給等会社の指示に従います。 もし会社の指示でやっていたなら仕事を辞めさせますし、法律相談にかけこんで一緒にお金を取り戻す等をします。

③浮気でお金を借りた
飲み会でおねーちゃん達にお金を使ったというなら、離婚はしませんがしばらくお小遣いなしです。 風俗に行ったとか浮気のために使ったなら離婚を考えますね。 子育てで旦那の相手をできないときもあるので、そんなストレスが原因で遊んでしまったなら自分にも少しは非があるでしょうから。

お金は生活するのに一番必要なもの。でもお金を借りることはない

私にとってお金は生活するのに必要な大事なものです。 それはどうしてかと言いますと、まずは仕事するために住む場所が必要になります。そして、生きていくには食べるものが必要です。食べるものが欲しい場合でもお金が必要だからです。 もちろん洋服も、身だしなみもお金がかかります。

仕事によっては必要な物も買いそろえる場合もあります。 私にとってのお金は生きていくための必要ツールです。だけどお金を借りてまで欲しいとは思いません。消費者金融会社のカードローンを申し込んでキャッシングしてお金を借りるなんてことはないわけです。まあ専業主婦の私に融資してくれる消費者金融はないと思いますが。 なのに、お金だけ貯めこんで使わないという人もいるのに対して何でだろうという気持ちになります。

そりゃあ本当に欲しいものがあって買うだけの金額を貯めているという人もいるでしょう。それはそれでいいのですが、でも全く使わないというのもその人の性格なのかなと思います。 でも、お金は使う為にあるのでただ貯め込むだけでは寂しいし、本当に必要な時に使うべきだと考えています。 "

消費者金融会社のカードローンに申込んだことはない

お金は大切なものです。仕事をしてお給料を貰って初めてお金の大切さがわかりました。ローンなどは組んでお金を借りるなんてことはありませんよ。カードローンのキャッシングなどで一時的にお金が増えてもそれは自分のお金ではないですからね。利息も高いですし。消費者金融会社のカードローンに申込んでお金を借りたことはありません。

小さいころは親のお金で生活して、あれ買ってこれ買ってと何も考えずにおねだりしていました。毎月お小遣いを貰って、少ないから増やせと平気で言っていました。

しかし仕事をするようになり実際に給料を貰ってみると払わなければならない税金や必要経費も多く、手元に残るのは僅かです。そのなかから生活をし、子供を育てていく。今までなんてことをしてきたんだと親に申し訳ない気持ちになりました。また仕事をするのは大変なことで、労働力や時間を提供した対価としてお金を貰うということも実感しました。あんなに大変だったのに仕事から帰ってきてご飯を作ってくれたり遊んでくれたり、本当に頭が下がります。

少し話は反れましたが私にとってお金は本当に大切なものです。そして親の偉大さに気付かせてくれたとても大切なものです。

必要不可欠だからこそ100円も大事、借金はだめ

お金とは、日々生活していくのに必要不可欠なものです。 主婦なので、必要に応じて買い物をしますが、お金がなければ、食品も日用品もなにもかも買えません。大抵必要な分はお財布に入れているつもりなのですが、先日買い物の支払いをしようとして所持金で足りないかもというときがあり、とても焦りました。100円足りなくても1円足りなくても物は買えないのです。

来年度、長男が大学に行くことになり、10月に入学金、今月前期授業料を振り込みました。私大なので、莫大な金額です。それでも銀行振込だとあまりにも簡単に送金することができ、普段は100円に一喜一憂しているのに金額の感覚がおかしくなりそうです。

長男も4月からは独り暮らし、生活に必要な買い物は自分でしなければなりません。100円を大事にする感覚でいてほしいと思います。 もちろん子供には銀行や消費者金融会社でカードローンを発行してキャッシングなどをするような子にはなってほしくありません。即日融資などの広告に惑わされてお金を借りるなど絶対にしてほしくないです。

クレジットカードのキャッシング機能

どのお店でもクレジットカードを作ってくれます。そして、「そのカードを使って買い物をすればポイントが貯まる」なんて言えば買い物にも熱が入ります。 スーパーでもコンビニでも小売を生業としている商売は、消費税増税のため売上が落ちているので必死です。 手軽に買い物ができて、しかもポイントが貯まるなんて客にとっては、嬉しい限りです。 でも、それは、お店の売上を伸ばすための一種の「罠」なんです。

基本的に買い物は、お金つまり現金を払ってするものです。クレジットカードを含めた月賦払いなんて存在しないと思った方が賢明なのです。 クレジットカードは、「打出の小槌」ではありません。

自分は、どれだけ稼いでいるのかわかるでしょうし、また自分というものを知るべきでしょう。 クレジットカードの使いすぎでお金を払えなくなるとか、打ち出の小槌と思っている人は、クレジットカードなどもたずに現金で払うべきです。 クレジットカードのキャッシング機能もありますので、そのようなキャッシング機能を使ってお金を借りるようなことも好ましくはありません。

クレジットカードでの支払ができないというのは

クレジットカードでの支払ができないというのは、自分がどれだけのものを買ってどれだけお金を使っているかを把握し切れていないということ。 これは計算ができない以上に、自分のお金の使い方を理解する能力に欠けているのではないかと思う。

クレジットカードを使えば物が増えるわけだから、お金を使ったと気付くはずではないだろうか? 高額な食事をして手元に何も残っていなくても、満腹感を得られたのはお金を払っているからなのに、どうしてそれに気付けないのだろうか? クレジットカードで支払おうが現金で支払おうが、収入以上の支払いをしてしまったら首がまわらなくなるのは当たり前。

そんなことも分からないような人はクレジットカードを持つべきではない。 今はカード会員獲得のためにキャンペーンだの割引だのイベント等企業が色々行っているので、カードを持つのは当然のような風潮になっているが、自分が使った金の計算もできない人はカードを持つべきではない。

使うカードを限定し、ショッピングの限度額を極力抑えればこのような事態は防げるはず。 それとクレカについているキャッシング限度額も0円にしておけば、キャッシングしてお金を借りる心配もなくなるので、そのような設定をすると良いと思います。 もちろん消費者金融業者などでカードを作るのもNGです。

二度と同じ過ちはしてほしくない、お金を借りないで

破産宣告というものは、一般的に世の中的にも安易にするべきものではありません。が理由はともかく何らかの要因で仕方がなかったのであれば、二度と再発しないよう、徹底的に引き起こした要因を分析して、万全の対策を講じてほしいと思います。もう二度とお金を借りなければならない状況を作らないようにしないとね。

一時的には信用ある人しか所有することができない、クレジットカードとはご縁がなくかるとは思いますが、今後の生活基盤を具体的に描ききることができれば、もう一度社会的な信用を回復できるはずです。それまでの間は、不自由かもしれないですが、強い意志を持つことでい日も早い社会復帰をしてもらいたいと思います。その意味でも、破産に至ったプロセスを細かく振り返り見直し改善しなければ再発してしまうと考えます。

謙虚な気持ちを持っことで、立ち直りできれば、このような苦い経験を糧に克服することが可能になると考えます。お金を借りるなら稼いでお金を増やすことを考えましょう。借金はダメです。 お金を借りるのはやめましょう。

破産宣告する人は無計画な人、もうお金を借りることはしない

「とらぬ狸の皮算用」って諺があります。 結局、計算が甘い人だと思います。例えば、300万円の車を買うとします。手持ちは、60万円。残り240万円は、2年間で支払うとすれば1ヶ月10万円払えば良いということになります。

ところで、車は、ただでは走りません。ガソリンは入れなければならないし、車検などのメンテナンスもしなければならないのです。そのうえ自分も食べなければならない、病気にもなる、そして、そもそも月10万円を稼ぐことができるのかと言うことです。お金がかかるんですね。

これは、簡単な例ですが、場合によっては、可哀想だなと思うこともあります。 先の東日本大震災や土砂災害などでローンで建てた家を失った人達です。 さすがに災害までは、予想できません。

ただ、こういう場合は、公的にいろいろな窓口もあるでしょうし、保険会社、弁護士などに相談する方法もあると思います。 まず、「失敗したらどうする」ということを考えて行動、そして余裕をもった行動をすべきだと考えます。 遊ぶお金欲しさに消費者金融会社カードローンの審査に申込んでキャッシングしてお金を借りるような行為はやめましょう。今はネットで即日融資してもらえるし、無人契約機もそこらじゅうにあるので誘惑が多くなっているので安易にお金を借りないように注意しましょう。

お金を借りて返せない人は破産宣告はした方がイイ

破産宣告はした方がイイと思います。お金を返済できないなら仕方がないです。そのようなシステムが国で用意されている限り、違法ではないのでした方がイイです。

もちろん、社会的に信用がなくなるということがありますが、今は、何でも人には無関心です。隣の人がどんな生活をしているのかもわかりません。

生活保護だって、馬鹿にする人は一人もいませんし、それを大っぴらにいうことがいけない世の中になっているのです。ヘイトスピーチだってそうです。

その中に、嫌がらせをするおじいさんが含まれていてもできません。そんな世の中です。言わなければ、何もわからないのです。だから、世間体は気になりませんので、こっそりと、破産宣告をしてもいいのではないでしょうか。世の中が、生活保護でもやさしく裕福に扱っているのですから、破産宣告をして、生活保護を受けるべきです。 ただ、もう二度と消費者金融業者の無人契約機などでお金を借りないようにしましょう。と言っても当分消費者金融のカードローンの審査には落ちてしまうと思いますので、お金を借りたくても借りれません。借金しなくても余裕のある生活を送れるように心がけましょう。