> > >

「消費者金融コワイ」というイメージ

お金に困ってもお金を借りないのは、やっぱり借金をするのがコワイからです。 今ではお茶の間でお馴染みの芸能人も、消費者金融のテレビコマーシャルに出ていますが、けれどもやっぱりステレオタイプの消費者金融イメージは消えないですね。

ですから、学生時代、それに新社会人時代など、お金がなくて苦労はしても、借金はしませんでしたね。
ただし金融機関など、ビジネスとしてお金の貸し借りを行っている会社のみに言えることです。
親からはちょこっと借りたりしていました。

住宅ローンを組んで消費者金融が怖くなった

それに、人生初の借金だった「住宅ローン」を組んでみてからというもの、借金に対する見方は変わりましたね。
端的に言いますと、やっぱり「消費者金融コワイ」というイメージになりました。

私が組んだ「住宅ローン」の金利(変動型)がだいたい金利1.3~2%なのに、消費者金融でお金を借りる金利は、15%以上が相場。このことを考えると、おそろしいです。

先にもあげた通り、コミカルな消費者金融のテレビコマーシャルによって、私もずいぶんと身近には感じてはいましたし、今では街のいたるところに消費者金融のATMがありますよね。

ですから、ちょいちょい生活費に困ったり、欲しいものがあるけれど今手持ちがないときなどに、「あ、無人契約機がある!借りちゃおうかなー」と思うことはありました。しかし、へたれということもあって、結局実行はしませんでしたが。

一度カードを作ってしまうと

私の性格から考えても、一度カードを作ってしまうと、おそらくほいほい借りるようになってしまいます。
それに、100万円、1000万円でお金を借りた場合の金利は、高額にはなりますが、数万円程度のお金を借りるのであれば、1ヶ月以内に返済すれば、金利は千円もしないときがありますからね。

友達からお金を借りた場合は、お礼にごはんなどをおごったりしますが、場合によっては消費者金融から借りた方がおごりのごはん代よりも、ずいぶんと安く済みます。

ですからこそ、私がお金に困っても、金融機関でお金を借りないのです。心の弱い私は、気楽にホイホイ借金を重ねてしまいそうですから、カードは作らないようにしているのです。


Comments are closed.