> > >

簡単にお金が手に入る借金の魔力

カードローン、キャッシングなど横文字になると、借金をするという意識が薄くなるような気がします。
昔のように質屋、高利貸しなどというマイナスイメージも消えて、借金が日常になる恐ろしさを自覚できれば、多重債務も避けられます。

収入に見合った生活を心がけ、我慢することができる人は収入が低くても借金をしなくて済みます。
限られた収入ですから、際限なく買い物をしていては家計は破綻します。
人生の中で勤務先の業績や、経済の悪化で収入は伸びるどころか減ることもあります。
そんな時こそお金を借りずに乗り切ることを考える必要があります。
収入が減れば支出を抑える努力をすることです。その不足分が少なければ、光熱費の節約、食費の節約で改善されます。
大幅に収入が減少した場合は少しでも収入を補うことを考え、支出を大幅に減らさなければなりません。
こんな時不足分を借りるという選択をひとたびすると、努力をせずに手元にお金が入るのですから、こんな楽なことはありません。

人間は弱いもので、楽して当面の危機から逃れられると、次も同じことを考えます。
それが借金の魔力でしょう。

リストラや失業により収入の道を断たれた場合、持ち家なら手放して賃貸にする。
賃貸ならば安いところに転居するなど抜本的な対処も必要な時があります。
つらい決断を先延ばしにして、借金を重ねていると多重債務に陥り、自己破産することになるかも知れません。
そんなことになると、その後の人生設計が大きく狂うことになります。安易な借金を考える前に少しきつくても仕事を増やす、あるいは徹底的に節約して支出を減らすなどすれば改善されます。
早い決断はいたずらに借金を重ねることなく、将来に希望が持てます。
困ったときの生活資金借り入れは、当然急ぐので金利などきちんと見ないで、計画的な返済計画も立てないで決めてしまいます。
利息が嵩み、返しても返しても借入金が減らないという事態になり、高い遅延利息に苦しめられることになります。


Comments are closed.