> > >

25万の自転車を一括で買うため親に10万円借りたM.Iさん

25万の自転車(ロードバイク)を一括で買うため親に10万円借りたM.Iさん(22歳男性)の感想や、これから借金をしようと考えている方へのメッセージを記載しています。


お金を借りた時の体験談

正直10万円なんてかなりの大金ですので、たとえ親といえども本当にお金を貸してもらえるとは思ってなかったのですが、なんとか頼みこんで貸して貰えてその時はただただありがたかったですね。まぁでもロードバイクが欲しくて15万貯めてたっていう姿勢を見てもらって、こんだけ貯めれるんならちゃんと返せるって判断してもらえたのが大きかったってのもあります。やっぱ、お金を借りる・貸すってのは信頼関係が無いとだめだと思います。返すって意思も大事ですが、自分は返せるんだぞっていう能力を示すのも大事なんじゃないでしょうか。自分は親との金の貸し借りでしたけど、これは家族間だけの話ではなくて、金融会社などからお金を借りるときも、返す意思だけではなくて、自分はちゃんと返せるんだっていう根拠を持っておかないとな~と思いました。現在ちょびちょびな額を返済してはいますが、やっぱ月々自分のお金が削られていくってのは精神的にきついとこもあります。利子なんてついてたらおそろしいですね


借金を考えている方へのメッセージ

上にも書きましたけど、「自分は返せるんだぞっていう能力を示す」ってのはかなり大事だと思いますよ。やっぱお金を貸す方も、例えどれだけ信頼関係があろうとも、本当はそんなに貸したくはないはずです。だってもしもお金を貸して返してもらえなかったら、関係が悪くなってしまいますしね。そんな原因、誰だって自分から作りたいなんて思いません。だから、どうしてもお金を借りたいと思うなら、ちゃんと貸してくれる相手を安心させてあげることが大事だと思います。借りる側の「誠意」みたいなものをちゃんと見せてあげないと、やっぱりそれぐらいはお金を借りる側の礼儀だと思います。あと、お金を借りたあとに付きまとう「返さなければ」っていう責任やプレッシャーをちゃんと意識できる人間でないと、絶対にお金を借りるべきではありません。自分がちゃんとお金を返そうと思っているか、それ相応の能力を持っている人間であるかどうか、ちゃんと考えてお金は借りなきゃいけないと思います。


Comments are closed.