> > >

友人に15000円借りたI.K(20歳女性)です。

友人に15000円借りたI.K(20歳女性)です。イベントに誘われ、当時学生でバイトをしておらず誘いを断れ切れずに友人に借りました。その後短期バイトをして完済しました。お金を借りたことに若干後悔してます。
しばらくお金を借りているという負い目を感じてしまい、ぎこちなかったので。もっとも友人は何も思っていなかったそうですが・・”


情けないという感情

お金を借りる、おごられるということに幼い頃から情けないという感情がありました。
それは大人になった今でも変わりませんが、実際に借りたときの情けなさというか恥ずかしさはあまり思い出したくありません。常に返さなければという気持ちがあって、心がどよどよしたものでいっぱいになり、勉強どころではありませんでした。
友人にもなんだか気を遣うようになって、関係が悪くなってしまったりもしました。仲が良いからこそ踏み入ってはいけないのが金銭なのかもしれません。
これからもなるべくお金を借りるという行為はしたくありませんし、しないに越した事はないと思います。
精神的にも追い詰められるというか、余裕がなくなってしまいますし、経済的にも安定していないということですから。
しかし、どうしてもお金を借りなければいけないのであれば、金融会社より友人や親の方が安心というのはあります。
それはどうしても仕方ないことですが、やはり微妙なところですね。

返済の道筋を立てる

友人や親に借りるにしても、会社に借りるにしても、どちらにせよ返済の道筋を立ててからお借りになられたほうがいいです。お金の見通しが立たないから借りるんだよ!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それだけ怖いことはないんです。知人に借りるならまだ利息などつきませんし、期間も延ばしてもらえます。でもその代わりなくなっていくのが信頼です。
信頼は中々取り戻すことはできません。信頼が底をつきれば友人さえも失うことになります。友人はもっと大事な存在ですよね?
金融機関で借りるならば、利息もつきますし、期間も決まっています。
期間を過ぎればもちろん信用もなくなり借りることが難しくなることでしょう。
一か八かの賭博のようにお金を借りることだけは避けてください。
今本当に借りなければどうにかなってしまうのか、やっていけないのか、よく考えて最少額の金額だけを借りるようにしましょう。
本当に「ご利用は計画的に」です。


Comments are closed.