> > >

卒業旅行に海外に行く旅費を親に20万円借りた

卒業旅行に海外に行く旅費が足りなかったため親に20万円借りたY.T(29歳女性)です。社会人になって返済は完了しましたがお金を借りたことは今となっては少し後悔しています。


利息もつけて返すべきだった

親にお金を借りた時は、目的が旅行だったこともありなかなか言い出しにくかったのを覚えています。
しかし、大学生の当時はそれほどアルバイトをしていなかったため、旅行に使うお金が十分に貯まっていない状態でした。それなのに旅費が20万円近くかかるため困っていましたが、勇気を出して親に相談してみました。すると意外にもあっさりと貸してくれたのでびっくりしましたが、就職してからきちんと返済することを約束して借りることにしました。
今思うと、私の周りの友人は皆アルバイトしてきちんとお金を計画的に貯めて旅行に行っていたのに私はそれほどアルバイトもしていなかったので甘かったと思います。
就職してから毎月1万円ずつ返していき1年8ヶ月かけて親に完済しました。
しかし親に甘えもあってか利息はつけずに元本だけを返済したので、今考えると、気持ちの額でもいいからきちんと利息もつけて返すべきだったと思います。
さらに毎月2万円ずつ返すようにしてもっと早く返済すべきだったとも考えて少し後悔しています。

借金がそれ以上増えないようにするのが大切

お金が必要なのに手元にお金がない時にはやむを得ず誰かから借りなければならないこともあると思います。
特に学生が親にお金を借りる時は親に甘えずにきちんと返済期間も決めて利息もつけて期限内に返済すべきだと思います。それが社会人としての基本かなと思います。
また、業者から借りる場合はきちんと利息や返済期間を確認して、無理のない範囲で借りるのがいいと思います。無計画に借りてしまうと利息が膨らんでしまって、利息の返済に追われることにもなりかねません。
あとはできるだけお金を借りなければならない状態にならないように気をつけるべきだとも思います。
親戚でギャンブルに溺れて多額の借金を抱えて親族に迷惑をかけた人を知っているので、お金を使う時は手元にある金額をきちんと把握して、それ以上には使わないように心がけるべきです。
それでもどうしても借りなければならない時には、借金がそれ以上増えないようにするのが大切だと思います。


Comments are closed.