> > >

プロミスに生活費と遊び代で58万円借りたK.Sです。

プロミスに生活費と遊び代で58万円借りたK.Sです。昨年8月に返済しました。返済が滞ったりすると会社にも連絡がいき、正直居づらかったので、どちらかというと後悔しています。


プロミスなど消費者金融でお金を借りるというのは

消費者金融、たとえばアコムやプロミスでお金を借りるというのは、友人や親などに借りるのと違って、結構簡単かつ気楽に借りることができるような気がします。友人とかだったらそのまま返さないと関係がギクシャクしてしまいそうですが、消費者金融相手ならまあいっかて感じが私自身にもありました。ただ、その気楽さがアダとなり、
最初は生活の補填としてのみ使おうと思っていたカードも、次第にタガが外れだし、気づけば大半は遊びに使うようになっていました。そして返済にもかなりの時間を費やし、結局利息分無駄にしただけだったのかなぁと思うこともあります。
ただし、緊急時用に使えるようにしておくということでは大いに使えるものだと思います。
何か緊急の用事や、急に実家などに帰らなくてはならない時などにも交通費というのは意外とかさむものです。そんな時にすぐにお金が引き出せる、借りられるというのは非常に大きいものがあると思います。
使いようによっては良くも悪くもなるというのが借りた感想です。


借りる前にそのお金が本当に必要なものなのかを考える

まずは、借りる前にそのお金が本当に必要なものなのかを考えてみましょう。その場の勢いでお金を借りたけども、実際はあまり使わなかったということや、時にはほとんど使わなかったという場合もあります。必要ないお金であれば、必ずしも借りる必要はありませんし、借りたらもちろん金利も付きますので、結局は借りない方が得であるということもあるのです。
ただし、そうは言ってもやっぱり必要になる時もあると思うので、そんなときは必要ギリギリくらいのお金を借入するのがいいと思います。よくお金を借りるときは多めに借りようとする人がいますが、それを繰り返すとそれがくせづいてしまい、だんだんと一度の借入額が大きくなっていってしまいます。
そうするとあっという間に借入金額は大きくなります。そうならないためにも、例えば使用限度額を低く抑えたり、余った分はすぐに繰り上げて返済するなどの習慣をつけておくのも良いかと思います。
借金というのは必ずしも悪いことではありません。しかし、使い方を間違えれば恐ろしいことにもなりますのでお気を付けください。

☆プロミスのカードローンに関する情報は以下に詳しく記載しています。
プロミスのカードローン 申込・借入条件
プロミスカードローンの金利や返済、審査申込み方法 – カードローン部
プロミスの体験談


Comments are closed.