> > >

これからは電子マネーがはやるか!?

最近はコンビニエンスストアなどを中心に電子マネーが利用できるようになって来ました。

先にカードや携帯電話に現金分のバリューをチャージして、その金額分買い物ができるというものですが、最近はこの電子マネーが注目されているのです。

電子マネーを利用することでクレジットカードのように後払いで使いすぎるということもありませんし、デビットカードのように年齢制限があるわけでもありません。

現金を持ち歩く際の小銭の増量も防ぐことができますし、荷物を極力減らしたい、サイフを持ち歩くのは好まないといった場合にも需要が高いため注目度が上がっているようです。

特にこれからはウォレットと呼ばれるクレジット形態なのですが電子マネーをチャージするタイプのカードも普及するのではないかといわれており、その可能性は非常に広がってきているようです。

生きていくのに必要なマネー

子供の頃からお金にはキチンとしていました。お年玉をもらっても、すぐに全部使う事は無く、欲しいものを買ったら残りは貯金していました。月々のお小遣いも特に足りないから頂戴、にはならず、欲しくても次の月のお小遣いまで待ちました。自然と貯金もたまり、高い物も自分で買えるようになりました。

お金は欲しい物を形に変える事ができるモノです。でもマネーそのものは、精巧な紙、アルミニウム、銅です。ただの物質です。貯金通帳では、ただの数字の羅列。お金を見て喜ぶのは、それでしたい事ができるからです。お金の使い道を夢見ています。現在無職の私は、お金は生活費です。生きていくに必要不可欠なモノ。自給自足の生活が出来ない場合、これが無いと実質死を意味します。

マネーを貯めるよりもどう使うかが大事

マネーが欲しいために必死になって貯める人がいますが、個人的には貯めるよりもどう使うかが重要だと思います。

もちろんただ自分が欲しいもののためにポンポン使っていくのは論外ですが、自分の投資になるような使い方はけっこうオススメです。

例えば興味がある分野の書籍や道具を揃えたりといった具合です。

自分が好きなことって飲み込みも早いので効率もいいですよね。没頭できる趣味を見つけることができるかどうかがまずは重要なんだと思います。

その分野を深く学んでいくことができれば、それはいずれお金に替えることにもつながる可能性があります。

また、もしその分野が現在の仕事に関係があるものだったら、仕事の成果としても現れてきますし、仕事の成果は自分の収入にもつながります。

どうせお金を使うならそういったものに使うことが大事だと思います。


Comments are closed.