> > >

Moneyと幸福感について

Moneyとは、ある程度ないと幸福にはつながらないと思うのです。Moneyがなくても愛があれば、なんていいますが、実際一文無しだったら生活できませんし、誰かに迷惑をかけることになって人を幸せにすることができないと思うのです。

ただ、Moneyがあればあるほど幸せかはわかりせん。実際は最低限生活できる額プラスで少し余分にもっているくらいがちょうどいいような気がします。

多額のMoneyをもっていても保管が大変ですし、いつも誰かに狙われないか心配になったり、例えば遺産相続などもめる原因にもなるので、そんなに多額のお金をもっていることが幸せとは思わないのです。実際、大金もちのひとの周りには悪い人がたかるという話もきいたことがあるので、そんなにいい話ばかりだとは思わないのです。

そんなこんなで、適度にもっているのが一番幸せに暮らせるのではないでしょうか。

Moneyは生きていく上でとても重要

お金がなければ生活はしていくことができない人が生きていく上でとても重要なものです。

でも、基本的に生まれ育った環境で大きくお金の使い方は変わると思います。

レベルの低い生活からレベルの高い贅沢な生活には簡単に変わることができますが、贅沢な生活から低い生活に戻ることはそんな容易なことではありません。

そう考えると子供のころから身につけたMoneyの感覚はとても大事なものだったりします。

やっぱり毎日の生活の中でちょっとした贅沢をすることはとても小さな幸せを感じます。

いつもは高いから食べないサーティーワンのアイスクリームも時々セールなんかを利用して食べるととても幸せを感じますし、また食べる為に色々頑張ろうと思います。

今頑張ることで老後楽できるはずなので出来る範囲で頑張っていきたいものですね。

私にとってMoneyはすべての土台

私にとってのお金は全ての基礎というか土台となるものです。

お金は大事じゃないという意見もありますが、それはお金持ちが言えることであって、

Moneyに余裕がない人には当てはまらないと思います。

自分の衣食住が満たされていないと、他人にも優しくできないでしょう。

今は他人に対して親切にできていても、

もしもコンビニで100円前後のおにぎりすら買えなくなってしまったら、

なりふり構わず人にぶつかったりしても謝らず、スーパーやデパ地下で試食品を食べまくるかもしれません。

もしも、Moneyが全くないのに他人のために動けるのであれば、

相当善良な人間であるかマゾだと思います。

衣食足りて礼節を知ると言いますが、まさにその通りで、

まず最低限のお金があって、それから愛とか夢とかを語ればよいと思います。


Comments are closed.