> > >

Cashは必要なもの

Cashは私にとって、とても必要なものです。

幸せは、Cashじゃないとか、お金は関係ないとか言いますが、生きていくためにお金は絶対的に必要なものだと思います。

ハッキリ言って、お金がないと何もできないことがこの間よくわかりました。

今まで、Cashで困ったことがなかったのでそんなに思わなかったのですが、この間お金に困ってようやくお金のありがたみがよくわかりました。

そして、お金がないと本当になんにも出来ないし、生きていけないと思いました。

なので、愛情とかも人間には必要だとは思いますが、それよりもお金が一番大事なものだと思います。

お金がない惨めさは、もう味わいたくないと思いました。

私が何よりも大事にしたいと思うものにCashが加わった瞬間でした。

私にとってのCashはの概念

いつの時代でもお金は大事なアイテムで、多ければ多いほど良いと思います。

生活する上で必要不可欠であり、人よりも目に見えて優位性が分かるためです。

確かにお金で買えないものはたくさんあります。

人望であったり特に信頼においては必ずしもお金で手に入れる事はできないと思います。

手に入れてると錯覚してもそれは上辺だけの偽りの物だとおもいます。

しかし、Cashはで買えないものと買えるものとを比較し考えてみると、大半のものはお金で買えたりするのです。

物品はもちろんの事、金が無ければ助からない命だって存在します。

信頼においてもお金が無ければ信頼は得られにくいです。むしろCashはが無い事で信頼を失うケースは多いと思います。

結局のところ人は『お金』に支配されているといっても過言ではないと思います。

Cashはと豊かさ

お金は豊かさのエネルギーのシンボルです。

人と人がお互いにつながる際に生じるエネルギー交流は当初物質の交換で行われておりました。

物質の交換はお互いの豊かさのエネルギーを可視化する機能を持ちましたが、人はさらに等価であることを可視化する試みをしました。

そこでCashはを発明しました。

Cashはが発明される以前の交換手段としてのお米などの食糧と違い、時間が経過してもお金は腐らず減らず、価値の保存性の機能を持っています。

当初の物質の交換よりも必要な物資の交換は容易でもあります。

あらゆる物資の他に、自由や特定の権利などの形のないものとの交換も可能であり、お金は変幻自在に姿を変えます。

また、今日では金融商品としてお金それ自体が増殖することも可能です。

お金はまさに神としての性質を有し、道具としての機能を超え、人を支配するまでになりました。

今日では、人がお金を意識しない日はありません。

本来の自己の豊かさや資源を忘れ、「Cashはが足りない」という考えが憑りつき、程度の差はあれど人はお金の奴隷になってしまいました。


Comments are closed.