> > >

そもそも、返せないお金なら借りてはいけない

ブラックリストにのるということは、借りたお金をきちんと返済日までに返済していないから、ブラックリストになってしまうのです。
そもそも、返せないお金なら、借りてはいけないのです。
お金は働かないと入ってはきません。

中には、体の調子が悪かったり、返せるお金が入ってきなくなったなど、予定が狂ってしまうかたもいらっしゃるでしょう。

正当な理由があれば、貸金会社のかたも憂慮してくださる場合もあります。
しかし、何の正当な理由もなく、返済できないのでは、貸金会社も困ります。

そういった方は、ブラックリストにのせて、借りられようにするしかないでしょう。
借りたお金をきちんと返さなければ、貸金会社は、つぶれてしまいます。

そうならないためにも、悪質なお客様は、ブラックリストとして、会社同士で情報を共有することが大切なのです。

ブラックリストにのってしまう方は本当にだらしない

こういったブラックリストにのってしまうかたは、本当にだらしないなと思います。
汗水働いて、自分のお金で食べていく気がないのでしょうか?

もし、ブラックリストにのるような方が、夫であったら、借金の督促で、生きている心地がしないでしょう。

子供がいれば、子供までおびえた生活になります。

テレビで見るような、借金とりのやくざが、大声を出して、ドアを開けろと
ガンガン叩くのでしょう。

そんな生活をするぐらいなら、何でも働いた方がいいです。

そういった普通の気持ちになれないかたが、きっとブラックリストになってしまうのだと思います。
また、こんな人が、身内にいて、借金が返済できないから、お金を貸してと頼まれるのも迷惑です。
親戚まで巻き添えをくいます。

こうなってしまうと、もう縁を切るしかありません。
甘えた根性の持ち主にあげるお金などありません。

きっと、自分に甘いのでしょう。
誰かが助けてくれると思っているのでしょう。

なんとかなるさとか、軽い気持ちなのでと思います。
こんな風に育てた親にも責任があるかもしれません。

身の回りに絶対いてほしくない人です。


Comments are closed.