> > >

ブラックリストに載ることは誰にでも起こりうること

ブラックリストに載ってお金を借りられない人について、純粋に大変だな、と思います。
ブラックリストと聞くと、なんだか現実離れした大層なものに感じてしまいますが、パチンコなどのギャンブルに限らず、携帯料金の延滞でそれに載ってしまうということも普通にあり得ますから、誰にでも起こりうることだと思います。

ガラケーからスマホに移行して

ガラパゴス携帯からスマートフォンに移行して、端末の代金や使用料がガラケー使用時よりも増大してしまい、月々の料金を支払えなくなった、というケースも若い方の中には多いようです。
それを踏み倒すか否かは本人の良心にかかっているとは思いますが、中には踏み倒してしまうことに罪悪感を感じない場合もあるみたいです。
契約している携帯会社の料金を支払えなくなると、単に携帯が使用できなくなるだけだと勘違いしている方もおられますが、そこにはもっと重大な意味も含まれています。
ブラックリストに載ってしまうと、キャッシュカードを作れなくなってしまいます。
本体料金を分割で支払う、というのは借金をしているのと同じことですからね。

安易に高額な端末を勧めてしまうような会社側の状況にも問題があるのではないか、とも感じます。
でもまあ、絶対的に悪いのは支払えない側なのですが。
携帯電話の料金に限らず、払えなくなるのを想定せずにお金を使うほうがダメだろう、ということですね。
どんな理由があるにせよ、自分が購入したものに関しては本人が責任をもって支払うべきだと思います。
きちんと支払う人の方が大半ですし、払えない人には何らかの問題があると思えます。
踏み倒すことにためらいを感じなかったりする人が身近にいたら、正直とても嫌だなあ、と思います。
親が子どもの支払いをしている場合もあるかもしれないですが、そういうことをしても誰のためにもならない気がしますし、本当に心底ダメだと思いますね。
ブラックリストに載った人が身近にいないため、多少の偏見はあるかもしれません。
ですが、身の丈以上の買い物をすることは、人としてどうなのか、と感じます。


Comments are closed.