> > >

私はブラックリストの人がダメだとは思いません

ブラックリストの該当者になってしまうと、しばらくは同業者さん同士で情報を交換し合ってしまうので、どこからも借りる事ができなくなってしまいますが、これを機会に考え直すとよいでしょう。どうしてブラックリストの該当者になってしまったのか、どうすればよかったのか。仕方のない、どうしようもない理由でブラックリストになってしまったのだとしても、お金を借りた時点で、何らかの反省点はあるはずです。これを理解して、同じ過ちを繰り返さなければ良いんです。

ブラックリストは一生ではありません

数年すれば該当者から消えます。また、お金を借りる事ができるようになります。本当ならばブラックリストにまでなったんですから、もう借りる事を止めるのが1番なのかもしれません。でも、誰にだって急な出費に困る事もありますから、今度は失敗しないように借りれば良いと思います。

例えば、滞納を繰り返してしまっていたのなら、返せないと思う時は借りないように努力してみたらいいです。返せる見込みがある時だけ借りるように。
返せないのに借りるのはルール違反です。ルールを守れば問題ないはずなんです。

病気や怪我で働けなくなって、これが原因で返済ができなくなってしまった人もいるでしょう。
仕方のない事だと思います。
これが原因でブラックリストになってしまったのなら、本当にどうしようもなかった事だと察します。
でも、誰だって病気になるかもしれないし、怪我もするかもしれない、事故にあうかもしれないんです。
何かあった時の事も考えておかなければいけません。
5年ローンを組んで、5年間返せる保証なんて誰にもないんです。
でも、返せなくなるかもしれない事を想定して、無理な返済をせずに少しずつでも貯めておくなどしていれば、回避できていた事もあるかもしれません。
そんな事ができるなら借りてないっていう意見もあるかもしれませんが、余裕を持った返済ができない人は借りる資格はないんですよ。余裕のなさが返済不可能に繋がるんですから。

私はブラックリストの人がダメだとは思いません。
ちょっと失敗してしまっただけです。これから気をつければ、この失敗は生かされます。逆に良い経験をしてるんだなって思いますよ。


Comments are closed.